エトワール・サヘル

子育てをしていくと、赤ちゃんの離乳食をはじめる時期がやってきます。


離乳食は、母乳やミルクだけでは摂る栄養がそのうち赤ちゃんには足りなくなってきます。それを補う目的ではじめていきます。最初はドロドロとしたものから与えていきます。赤ちゃんのお腹はまだまだ消化機能が十分ではありません。ですから離乳食の最初は、ごはんのでんぷん質から与えていきましょう。ごはんはアレルギーの心配はまずありませんし、消化もよいものです。


離乳食は物を飲み込む、スプーンなど物を使って食べる、舌触りを確かめるという動作をはじめていくことですので、お母さんはあせらないこと。赤ちゃんにあわせて行っていきましょう。また、食事は赤ちゃんだけが食べるのではなく、できれば家族みんなが食事をしていき、その中に赤ちゃんが「自分も入っているんだ」という気持ちをもたせるのが良いです。赤ちゃんは大人の様子をよく見ています。赤ちゃんが安心して離乳食をはじめられるようにしていってください。



マルシャン監督(エトワール・サヘル) 準決勝後会見=クラブW杯
TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2007.(続きを読む)



サヘル、ボカに負けても満足
MSN産経ニュース
アフリカ勢初の決勝を逃したエトワール・サヘルのマルシャン監督は上機嫌だった。「あんな強いチームと対等に戦い、多くのチャンスを作った。選手は本当によく動き回っ ...(続きを読む)



浦和レッズが優勝を果たしたそうですがなぜ負けた相手もクラブ世界一へ出られるの...
浦和レッズが優勝を果たしたそうですがなぜ負けた相手もクラブ世界一へ出られるのですか。決勝戦の意味がないですよね。しかも相手が一回戦を勝てばまたレッズとの対戦になるとの事でこれまたアジア決勝戦を戦った意味がないですよね。世界クラブ選手権は必要なんでしょうか。(続きを読む)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック